周辺観光

ペットと遊べる

那須高原サービスエリア(下)

那須高原サービスエリアは、栃木県那須郡那須町の東北自動車道上にあるサービスエリア。東北自動車道栃木県内で最も北に位置するサービスエリアです。

そのSA内にあるワンちゃん大満足の人気ドッグラン。リードを外して愛犬が自由に走り回ることのできるドッグランを、那須高原サービスエリアなどに設置。そのほかにも水のみ場があるエリアもあるので、愛犬を連れてのドライブに最適です。

那須どうぶつ王国

関東有数の広さを誇るドッグランのある「那須どうぶつ王国」。

東京ドームの約10倍の広大な敷地は2つのゾーンに分かれており、アルパカ・シロフクロウ・ラクダ・ペンギン・ビーバー・カピバラなど500頭以上のかわいい動物たちが飼育されているのでペットが飼えない動物好きの方にもおすすめ★

大自然の中で動物たちとのびのび元気に遊べます。遊び疲れたら温泉『那須五峰の湯』でゆったり温泉も楽しめます。また、王国ファームと王国タウンをつなぐワンニャンバスも無料で乗り放題なので安心です。

オートキャンプ場「那須高原アカルパ」

キャンプとドッグランの「那須高原アカルパ」。広さ7,000平方メートルもあるドッグランをのあるオートキャンプ場。コーテジ、バンガロ内ももちろんワンちゃんOK。ドッグランのみのご利用も大歓迎!白戸川に面しているのでワンちゃんと川遊びも出来ます。お湯も出るドッグランシャワー(無料)もあるので、ドッグランで思いっきり遊んだ後はシャワーでキレイさっぱり!利用料は宿泊者無料。その他の方は犬一頭につき1000円で利用できます。

那須高原オートキャンプ場

東北自動車道、那須インターチェンジから車で3分のキャンプ場。
周囲には遊園地、美術館、牧場、コンビニ、大型スーバーもあるので非常に便利。 自然の中にありながら、オートキャンプならではの機動力で、快適なキャンプや観光ができます。 もちろんドッグランのみの利用も可。貸切ドッグランで思いっきり走り回ることができます。ペットフリーサイト、ペットフリーキャビンも登場し、ノーリードでキャンプができます。

那須貸切ドッグラン&カフェ「ワンコが主役」

約1300坪の敷地に4つのドッグランを備える「ワンコが主役」。初めての方や、他のわんちゃんが苦手なわんちゃんも貸切りだから安心して利用できます(予約優先)。BBQを楽しむことも。

那須わんわんワールド

日本初のわんちゃん入場OKの犬のテーマパーク。那須の大自然の中、光の中、みんなで思いっきり深呼吸。恵まれた自然環境の中で犬達が自由にのびのびと遊んでいます。50種200頭の犬達が、みんなの来るのを待っています。実際にわんちゃん達にふれあえる、わんわんガーデンは特に人気。ドッグランをはじめ、ペットホテルのワンワンパレス、犬の床屋さんテリアハウス、他ペットショップにはグッズも充実。

那須塩原 千本松牧場

広大な敷地の中で、さまざまなレジャーが楽しめる観光牧場「那須塩原 千本松牧場」。無料の乳しぼり体験や乗馬1000円~、全長4kmのコースを回るサイクリングは貸自転車一周600円。飼育する約550頭の乳牛からとれる、絞りたての牛乳100円やソフトクリーム330円も好評。一帯は鳥獣保護地区に指定され、国の天然記念物オオタカやムササビ・リスなどが生息。豊かな自然も見ものです。ペットのワンちゃんと遊びたいあなたには「ドッグパーク」がおすすめ。アジリティーが充実した約600坪の広大な草原、ハードルやスラローム、板壁など、ちょっと本格的な訓練も可能です。

那須高原おすすめ観光地

那須高原 南ヶ丘牧場

株式会社 南ヶ丘牧場(みなみがおかぼくじょう)は、栃木県那須高原に本拠を置く酪農経営企業。現在4つの牧場を経営している。

観光に力を入れており、牧場内では乗馬以外にロバに乗ることもできる。 日本には少ないガーンジィ牛(イギリスチャネル諸島のガーンジィ島)を育成し、酪農、加工、販売をしている。ガーンジィ牛は、ホルスタインよりも小柄で牛乳は乳脂肪分や蛋白質、無脂固形分が高くなっており色もやや黄色がかったものである。

りんどう湖ファミリー牧場

りんどう湖ファミリー牧場(りんどうこファミリーぼくじょう)は、栃木県那須郡那須町にあるレジャー施設。日本ビューホテルグループの那須興業株式会社が運営している。

りんどう湖(人造湖)に隣接しており、ボート乗りや遊覧船のほか、ゴーカートやメリーゴーランドなどの遊具、ロードトレインや転車台、ラック式勾配区間を備えたミニ鉄道などの乗り物、動物ふれあい広場などがある。夏には花火が打ち上げられる。

殺生石

殺生石(せっしょうせき)は、栃木県那須町の那須湯本温泉付近にある溶岩。
鳥羽上皇が寵愛した伝説の女性、玉藻前(白面金毛九尾の狐の化身)が正体をあらわし、数万の軍勢によって殺害され、石となったという逸話がある。その後、至徳2年(1385年)に玄翁和尚によって打ち砕かれ、そのかけらが全国3ヶ所の高田と呼ばれる地に飛散したという。

付近一帯には硫化水素、亜硫酸ガスなどの有毒ガスがたえず噴出しており、「鳥獣がこれに近づけばその命を奪う、殺生の石」として古くから知られている。

現在は観光名所となっており、観光客も多く訪れる。ただし、ガスの排出量が多い場合は立ち入りが規制される。
玄翁によって砕かれた殺生石が飛来したと伝えられる地は多数存在しているが、一般に美作国高田(現岡山県真庭市勝山)、越後国高田(現新潟県上越市)、安芸国高田(現広島県安芸高田市)、または、豊後国高田(現大分県豊後高田市)と言われている。また、四国に飛来したものが犬神になり、上野国(現・群馬県)に飛来したものがオサキになったともいう。

岡山県真庭市勝山には、玄翁の開山による化生寺境内に、殺生石の石塚が存在している。また、これも玄翁の開山とされている、福島県白河市表郷中寺、常在院境内にも、殺生石の破片と言われる石が祀られており、玄翁の座像と、殺生石の縁起を描いた絵巻「紙本著色源翁和尚行状縁起」が伝えられている。

那須フラワーワールド

那須フラワーワールドは、広大な高原に四季折々の花が咲き渡るフラワーパーク。
晴れた日には、雄大な那須連邦が一望でき、自然を満喫できる。
春はチューリップ、夏はサルビア、けいとう、マリーゴールドそして秋にはコスモスと、もう花いっぱい。
季節の花に囲まれながらワンちゃんとお花畑を散策し、のんびりと過ごしてはいかがだろうか。

WEB限定お得な宿泊プラン